Amazonコンサルティングサービス Amazon consulting sevice

Amazonに出品してみたけど、ぜんぜん売れない…どうやって集客したらいいか分からない…競合に勝てる気がしない…

このようなお問い合わせやご相談をよく受けます。
Amazonは楽天やYahoo等の他モールと比較すると圧倒的に新規参入がしやすいと言えますが、
その反面、サポート体制が手薄なため、出品者がセラーセントラルをしっかり理解した上で運営する必要があります。

ECサイトを他にも運営している店舗様の場合、そこで得たノウハウを基にご自身で色々試されることも多いですが、
なかなか思うような成果が出ないのは、ひょっとすると余計な施策を数多く実行しているからかもしれません。

Amazonで戦うには、Amazon独自のルールを理解した「守り」と「攻め」が重要。
数百社を運用し売上拡大に繋げた弊社のノウハウで貴社を戦略的にサポートします。

Amazonの特徴を理解することが勝利への道

楽天やYahooはモール内に店舗を構えて商品を販売する「テナント型出店」ですが、
Amazonは、Amazonという店舗に商品を出品する「マーケットプレイス型」となります。

マーケットプレイス型のAmazonは店舗を構えなくても商品を出品できるので、
商品がお客様の目に触れるまでのスピード感と初期費用を抑えられることが大きな魅力です。

また、FBAを利用することで注文後の配送手配、出荷連絡、商品到着までの対応(お届け日の変更、配送事故の対応)などのカスタマーサポート等をAmazon側が担ってくれるため、出荷業務に携わる人員やコストの削減、Amazon発送による安心感で販売力を強化し、売上拡大に貢献してくれます。

Amazon出店のメリット

Amazonが新規参入しやすい理由

▼新しい広告が増えている

動画広告」や他モールにはない「ブランド広告」という新しい概念の広告が存在しており、その表示枠はCPC広告よりも目立つ位置にあります。
しかし、これを活用していない出品者が多いため新規参入でも認知されやすいです。

▼広告単価が安め

検索連動型広告で比較すると、楽天市場のRPPやYahoo!ショッピングのアイテムマッチ広告、Googleのリスティング広告よりもCPCが安い傾向にあります。例えば、楽天市場のRPP広告でキーワードを指定して表示させようとすると最低入札単価が50円~とだいぶ高くなってしまいます。
Amazonのスポンサープロダクトは最低入札単価が2円~始められ、出品商品と類似した商品を検索している購入者にリーチし、商品ページへ誘導してくれる為、低単価でも広告が回りやすくなります。

▼レビュー促進プログラムがある

最初のレビューを付けるのが他モールでは中々難しいですが、Amazonは優良なレビュアーからレビューを獲得できるようにするプログラムが存在しています。

▼広告レポートが詳細

Amazonの広告は他モールのように有料のツールを使うことなく、購入されたキーワードを詳細なレポートから無料で確認できます。

それによりGoogleリスティング広告のように細かいチューニングが可能です。

Amazonでの売上を左右する3つのフェーズ

準備フェーズ
商品出品前
出品したい商品に勝ち目があるのか?を市場分析・競合分析し、事前に見極める。
場合によっては、圧倒的な格差があり、目指すべき売上に到達するまでの時間やコストを算出して、参入するべきではないケースも。
土台固めフェーズ
商品出品後
消費者に商品の良さがさらに伝わるように写真や情報を追加、改善し、商品ページをリッチ化する。
商品ページ内に掲載できる情報に制限があるため、限られたスペースを有効活用し競合商品と差別化を図る。
売上UPフェーズ
施策実行後
アクセス対策やプロモーションは適切か?実行した施策が自己満足になっていないか?ジャンルや商材平均と比較して成約率は高いのか低いのか?等を見直す。
まだ実行していない施策があれば計画を立て、実行する。
Amazon勝つための鉄則
運営代行の業界ポジションは「運営特化型」

弊社は「運営特化型」になります。

最大のメリットは、その成功率が裏付ける「費用対効果」。
それらを具現化するのは、詳細な分析から弾き出し、研究結果に基づく「戦略と実行」なのです。

EC運営代行

対象領域は「売るため」の全作業。

そして作業の取捨選択からタイミングを提案実行。

弊社では全作業を、最も有効的なタイミングで実行判断します。ですので「商品登録○円/アイテム」といった料金設定を行いません。 お客様サイドで明確な戦略を基軸に作業指示を行える場合はそれでも良いと考えますが、売上の低迷、伸び悩みの多くの要因は戦略にあります。加えて申し上げればその実行スピードでしょう。

弊社EC運営代行は「売る」という明確な目的のために、戦略立案から、その実行をスピード対応します。
細分化した料金表基準で、その都度見積りを作成し、ご確認頂き、稟議を頂いてから実行するのは機会損失であると考えます。

そのためにも店舗様には月に最低1度は定例会としてお時間を頂き、ネットショップ売上目標と実績状況の確認や、ネットショップ運営代行業務のご報告、今後の戦略共有時間を必須とさせて頂いております。それらも「売る」という目的を徹底追及するためと、店舗様にご理解頂いております。
(遠方の場合、定例会は電話・スカイプ・メール等にて)

■下記はその代表的なEC運営代行の作業内容です。
(ご希望に合わせ追加・削除が可能です。) また、必要な範囲内で作業の一部を外部事業者と提携を取る場合がございます。
商品企画立案 セール品企画やイベント企画等
価格設定、販促手法懸案 綿密な市場調査と、動向から最適な価格設定、ECで有効な販促手法を考案致します。
商品ページ更新 既存商品の修正、ブラッシュアップ。
新商品ページ作成 新規商品ページ作成と登録代行作業。
イベントページ作成 商材によってはお中元特集やクリスマス特集と言った需要イベントを特集化します。
メールマガジンの作成・配信 店舗様に代わり、弊社スタッフがメルマガの編集、配信を行います。また、メルマガ会員のデータ管理作業も致します。
SEO対策 google対策、各種モール検索対策による「ECに特化したSEO」を施します。
在庫管理 数量上限がある商品はその管理から行い、販売予測を出します。
卸拡販サポート EC運営代行サービスとセットで、お客様の商材の卸先のご紹介も可能です。ご紹介先には大手スーパー・ドラッグストア・生協・大手雑貨小売店への供給が可能。当サービスは提携販路先との契約になります。
受注処理・お客様対応 メール・電話による注文処理と対応はもちろん、 お問い合わせ・クレーム等も弊社のCSスペシャリストが代行対応いたします。(詳細な商品情報の問い合わせは弊社仲介で対応致します)
梱包企画提案 現在のEC市場で重要なファクターである梱包・添付物の企画提案を致します。
楽天・ヤフー等モールとの折衝 弊社が窓口代行となってモールとの連絡を取ります。広告の根回しや情報を素早くキャッチします。
広告選定 モール広告やPPC広告の選定を行います。
広告入稿 キャッチ文はもちろん、画像素材の作成から入稿作業を行います。
SNS運用 今やネットショップ運営には欠かせないツールとなりました。ご希望により追加料金なしでSNS運用を行いますのでご用命くださいませ。
顧客データの管理 店舗運営に必要不可欠な顧客データ管理を弊社で管理し、プロモーション活動などにご利用いただけるよう、顧客データを整理致します。
物流作業代行 ご要望に合わせて商材に合わせた業務提携センターを選定して紹介致します。(提携先との契約になります。)入庫検品・出荷・納品書送り状発行・ピッキング・梱包はもちろん、冷蔵・冷凍商品も可能。
撮影 撮影は基本的にクライアント様にお願いしておりますが弊社連携カメラマンのご紹介も可能です。(オプション料金)
例】2日間600枚撮影で10万円/税別
弊社はECデザインにおいてユーザーが求めるアングルや照明、しずる感を考慮し、撮影ディレクションを行います。

弊社がEC運営代行を担っている企業様から特にご好評をいただいているのが以下の項目です。

▼商材力を倍増させる撮影力

スマートフォンのカメラ性能向上により、簡単に美しい写真を撮ることが可能となりましたが、多くの商品が溢れる飽和状態の中、美しいだけの画像では消費者の目を留めることは少々困難です。

弊社は美しさだけに捉われず、商材毎の魅力を最大化することをモットーに、鮮度を左右する「光」を読み、消費者の目線を誘導する「構図」を意識し、専属カメラマンとの打ち合わせからスタジオの手配、当日の同行からセッティングまでディレクションを一貫して行います。


▼迅速かつ的確な交渉

ECの売上を加速させるにはモール等の多店舗展開や広告施策がつきものですが、担当者との打ち合わせを行い新しい施策の相談をしようにも、日々の運営に奔走し思うように時間が確保できないこともしばしば。

そこで、弊社が多忙な貴社に代わり、貴社の一員として社外の打ち合わせに参加し、長年の経験則を駆使し、専任担当者との折衝を行います。

予算やROASを考慮した優良な広告選定とパフォーマンスを最大化させる原稿作成、新しいツールやよく分からない専門用語の解説等も弊社にお任せください。


▼現場至上主義

昨今の連絡手段はメールかチャットが主ですが、弊社は「それだけでは見えない部分がある」と考えます。

遠方でも可能な限り直接お会いすること、お会いできない場合でもスカイプやZoom、電話でのMTGに複数名で参加し、口頭でヒアリングを行います。

サービスを提供する側の意思疎通がしっかり図れていることが、消費者目線の店舗創りの鍵。
貴社の想いやコンセプトをしっかりヒアリングし、店舗を俯瞰で見ることでまだ打ち出せていない貴社の強みを見出します。


▼完全なる攻めの姿勢

弊社は受け身ではありません。
日々忙しくて考える時間がない…画像素材がないから商品ページが作れない…テキスト情報がないから商品登録ができない…商材に強みがないからLPが作れない…そんな状況下でも決して諦めません。

与えられるのを待つのではなく、どうすれば実現可能かを貴社と一緒に考え、方法を模索しスケジュール管理からリマインドまでを徹底し、実現に導きます。


▼利益を見越した販促戦略

収益ではなく「純利益」を生み出すにはSTP分析を基にした最適な販促戦略の実施が不可欠です。
※STP分析:Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)


利益を見越した販促戦略

各モールのEC運営代行の作業内容

自社ECショップを立ち上げる企業様は年々増加していますが、
弊社にネットショップ運営代行を依頼していただくケースで特に多いのが「楽天」と「Amazon」です。

モールにおけるネットショップ運営代行は、出品の多い商品カテゴリーや客層、価格帯やイベント頻度等、
各モール特性を見極めた細やかな施策が肝となります。

ネットショップの運営を行う際、スピード感を求めるあまり効率化を優先しがちですが、弊社の運営代行はクライアント様に特化したオリジナルの内容となるため、
テンプレートやマニュアルに沿った対応を行うケースは稀です。

一例としまして、楽天市場・Amazonの運営代行を依頼する際のメリット・デメリットや行うべき業務領域などを詳しく記載した記事が以下となりますので、
こちらもご覧ください。

①楽天EC運営代行

▶楽天EC運営代行 詳しくはこちら

②AmazonEC運営代行

▶AmazonEC運営代行 詳しくはこちら



EC運営代行の料金

今日のEC運営希望求職者の年収は最低300万以上です。
さらに即戦力となりうるEC運営経験者を雇用するには最低330万以上が相場です。

仮に商材粗利30%で、未経験者1人を年収300万で雇用した場合、
年間1,000万円の売上が損益分岐となります。

しかし増加傾向のEC市場の中で、未経験から年間1,000万円の売上を出せる程、甘い市場ではありません。
だからこそECのプロ集団によるネットショップ運営代行をご活用頂きたいのです。
なぜなら、専任担当者を一人雇用するよりも、はるかに安い金額だからです。

また歩合料率は楽天等のモール従量課金同様「高月商になると料率が下がる」という方式をとっておりますが、それでは低月商の店舗様の負担も大きいため、低月商の店舗様にもお求めやすい料率設定を致しております。つまり・・・

・月商、数百万規模の店舗様は、「月商1,000万を目指して頂く前提の料率」
・月商、数千万規模の店舗様は、「弊社サービスで運営コストを圧縮できる料率」

と、設定させて頂いております。(2012年3月15日改変)

なにより自社で育てる時間とネットショップ運営のノウハウが無い場合は、弊社のEC運営代行サービスは遥かに「お得」と言いきれます。また、最大の事例は発注者様の皆様が価格以上のネットショップ運営代行サービスだと大変満足されているのが何よりの実績です。

  • サービス実行までの流れをご説明します。 導入の流れはこちら
  • ネットショップ総研のサービスのよくあるご質問はこちら

※アダルト商材サイト・反社会的商材サイトは事前にお断り致します。
※弊社は研究組織として戦略を重視しております。商材・ターゲットに合わせて、必要に応じ、戦略外の作業(制作/コーディング等)を、
弊社研究結果を共有した提携パートナーと連携を組む場合がございます。


▼料金概要
EC運営代行料金は「基本料金+歩合」となります。初期費用はございません。(特殊環境の場合は戦略提案料を別途)

料金の特徴7箇条
  • 1.
    料金設定には弊社保有のネットショップ運営ノウハウ
    の料金が含まれております。
  • 2.
    最大の特徴は、現状のネットショップの売上を確実に
    上げる事を想定
    しての価格となります。
  • 3.
    楽天等のモール準拠の料率推移。
    ただそれでは低月商店舗様の負担が大きい
    ので、月商1,000万円までは低めの設定。
  • 4.
    弊社は月商売上1,000万円が損益分岐。
    売上向上意識が本気です。
    ↑この事は貴社と弊社ががっちりタッグを組み
    2社でサイトを繁栄させることを意味します。
  • 5.
    売れてない時は弊社も儲からない仕組み。
    ↑弊社への支払いは売上に比例するので負担軽減。
  • 6.
    ネットショップの売上を上げる一環として新規提案が弊社から
    自発的に検討できる体制
    がある。
  • 7.
    2サイト目の料金設定は×1.5倍が目安です。
    (歩合は複数の場合でも変動なし)

商材粗利・売上を把握してお見積りいたしますので、下記お問合せフォームより詳細にご記入下さいませ。

まずはお気軽にご相談ください!お問い合わせはこちら

対象外のお客様

弊社のEC運営代行の料金は他社様と比べ安くありません。
理由は従来の運営代行とは一線を画し、お客様のサイトにかける人員と時間が 圧倒的に違うからです。

そして発注者様の皆様が価格以上のサービスで売上向上したと大変満足されているのが 何よりの実績です。 ただし、そんな理由だからこそネットショップ運営代行をさせて頂く案件の数には限界があります。

そしてこのサービスは提供する側にはかなりハードであるため、
下記のようなお客様はお断りさせて頂いております。

このような方はお取れ入りますがお断りさせていただきます
  • ■協力関係を築けない方。(お客様と一心同体で代行するため)
  • ■学ぶ姿勢のない方。
  • ■議論を吹っかけて、不必要に時間をかける方。
  • ■自分の都合ばかりを押し付ける方。
  • ■申し込んでおきながら連絡をしてこない方。
  • ■初心者だから何も出来ないと開きなおり逆ギレする方。
  • ■お前の力を試してやろうというスタンスの方。目的が違います。