「セカンドオピニオン」とは、医療分野において使われる言葉です。

治療方針を決めるにあたって主治医とは別の医師の意見を聞くしくみを「セカンドオピニオン」と言います。
医療が進歩した今日では様々な治療法があり、医師によって治療方針が異なることがあります。

自分自身の事情や価値観に最も適した治療法を選択することがとても大切で、
最初に診察した医師の考えだけでなく、他の医師の意見を聞くことが「セカンドオピニオン」です。

EC事業における外注の場合でも「絶対にこれが正解」というものはなく、
上記のように店舗様それぞれの事情や価値観によって取り組みの仕方も異なります。

そのため、医療分野で行なわれている「セカンドオピニオン」をEC業界でも取り入れようと考えました。

現在ご依頼の外注先の判断について他の視点での意見を求めたい、これから外注を検討したい等、
現状において不安や疑問がある場合には、ぜひこのサービスを活用していただきたいと存じます。

現外注先が出した戦略の実現性、それに伴うコストの妥当性、思ったように動いてくれない場合の指示の出し方など、弊社の主観でご回答させて頂きます。

ただし、医療分野がそうであるように、今の外注先を無理に変えることが主旨ではありません。
あくまで、現在の外注先と良好な関係を保ちながら他の意見が聞ける、というサービスです。



●当サービスは無料です。 代わりに多くの店舗様の声を頂きたく思います。
   
当サービスは上述の通り、今の外注先を無理に変えることが主旨ではありません。
ですのでご相談後、契約を乗り換えて頂く、という思惑もございません。

私共はEC支援業として、より多くの店舗様のニーズ、不満をお聞かせ頂き
多くの現場の声を頂きたく思います。 そしてそれをより良い新サービスのヒントにし、
さらに喜ばれるサービスを構築していきたいと思っております。







お名前(ニックネーム可)
※必須

メールアドレス
(フリーメール可。自動返信が届いていない場合、迷惑メールに振り分けられている可能性がございます)
※必須

セカンドオピニオンご相談内容
※必須

どちらの媒体をご覧になりましたか?
差支えない範囲でお教え下さい


ご送信の前に必ずご確認ください。

  1. ■個人情報の取扱いについて


ご記載ありがとうございます。「送信」ボタンを押してください。



 
 

ネットショップ運営代行

ECコンサルティング

競合サイト分析

EC人材研修プログラム

WEBコンサルティング

Tポイント連携フルフィルメント

 

弊社サービスのメリット

他社との違い

成功事例・失敗事例

課題から解決

研究開発の取り組み

考案モデル『AFLAR理論と10の消費行動』
▼下記無料サービス▼

【無料】ECセカンドオピニオン

【無料】グチ聞きサービス

【無料】EC業界就職相談

メタルインターン募集特設ページ

≫その他メディア情報はこちら



コンサルティング
ネットショップ運営代行・コンサルティング
研究理念

≫その他メディア情報はこちら
弊社書籍
コンサルティング 弊社研究所長がネットショップ事業計画書の書き方、基本から磨き方、立案時のポイントを執筆。食品や雑貨、コスメの事例を交え計画書完成データを付録CD-ROMにも収録。

技術評論社

コンサルティング 「食品ネットショップ」の熟練コンサルタントである研究所長が確実に売上げを伸ばしリピーターを増やすための「商品プレゼンテクニック」を公開。担当者の即戦力となる1冊。

日本実業出版社

弊社関連書籍
コンサルティング グーグル営業を味方に付けた「売れるしくみ」で不況の中を勝ち残れ。ソフトブレーンサービス株式会社、元代表取締役である工藤龍矢氏の著作にて弊社研究所長が紹介されました。

インプレスジャパン

コンサルティング
ダイヤモンド社のセールスマネージメント専門誌「ダイヤモンド・ビジョナリー」にて弊社のネットショップ研究の成果と取り組み、活用方法が研究所長と共に紹介されました。

ダイヤモンド社









一般財団法人ネットショップ能力認定機構
ネットショップ実務士 Web制作 レベルU - 3名所属
ネットショップ実務士 マネジメント レベルU - 4名所属
一般的なWebデザイン知識のみでなく、EC特有のWebデザイン知識があり、 ページの要件を定義できる。 ECのためのWebページについて必要な素材を自ら調達し、 ページを制作することが出来る。
一般社団法人 ウェブ解析士協会
上級ウェブ解析士 - 1名所属
データに基づく計画立案、測定、ソーシャルメディアの効果検証などウェブ解析。

一般社団法人 通販エキスパート協会
通販エキスパート検定 2級 - 1名所属
通販の基礎知識や最新の関連法律の動きなどを広く周知させます。